茨城県笠間市でイチゴ、栗、干し芋の生産、販売を行っています、徹底した出荷管理と厳しい品質チェックにより高品質の青果をお客様に提供しています。

テクモアファーム テクモアファーム テクモアファーム


取扱品種


テクモアファームは茨城県笠間市で敷地面積約10,000平方メートル内にある大型ハウス2棟に笠間いちご農園として
一季成りイチゴの「とちおとめ」「紅ほっぺ」「いばらキッス」四季成りイチゴの「カムイレッド」「あましずく」
の5種類のいちごを生産しています。


テクモアグループ

一季成りイチゴ


とちおとめ


果形がきれいな円錘型で、しっかりした甘味のあるとてもジューシーないちごです。
ツヤが他のいちごより強いのも特徴です。

テクモアグループテクモアグループ

紅ほっぺ


果実は長円錘形でかなり大きくなるのが特徴で、やや固くしっかりとした食感があります。
甘味だけでなく酸味とのバランスも良くコクがあってとても美味しいイチゴです。

テクモアグループテクモアグループ

いばらキッス


最大の特徴は、糖度が高く酸味とのバランスも良く食味が濃厚で優れていることです。
さらに適度な硬さを持ち、ジューシーな直感も特徴です。

テクモアグループテクモアグループ

四季成りイチゴ


カムイレッド


名前通り表面は鮮やかな赤色、果肉も淡紅色と赤いのが特徴です。
糖度が高く酸味もありしっかりとした味なので、生クリームとの相性ばっちりの品種です。
表皮も硬めでまるで宝石のように強い光沢を放っています。

テクモアグループテクモアグループ

あましずく


果形がきれいな円錐型で、しっかりした甘味のあるとてもジューシーないちごです。
ツヤが他のいちごより強いのも特徴です。

テクモアグループテクモアグループ

テクモアファームのこだわりのイチゴ施設



栽培ハウス


この施設では育苗ハウスで育てた苗を定植し育成管理を行います。
葉カキ、摘果を行い、水分量、肥料濃度、室内温度、室内湿度を管理しております。
高設栽培なので作業態勢も楽で効率よく作業ができます。
収穫は気温が低い早朝に収穫することにより品質低下を防止します。

テクモアグループ

クロマルハナバチ


全体が丸いことから付けられた名前で前進がふかふかした長い毛で覆われています。
このマルハナバチは「ハチ目ミツバチ科」に属し、ミツバチと同じハナバチの仲間です。
着果の安定、空洞果の減少、果実の肥大が良好、酸・ビタミンCの増加を狙ってミツバチ
から変更しました。興奮状態にしなければ、刺されることもありませんので安心です。

テクモアグループ

選果室


この施設では収穫したイチゴのサイズや品質をチェックし選別する作業を行っております。
一個一個丁寧に形、傷を確認し安心なイチゴをお届けしております。

テクモアグループ テクモアグループ テクモアグループ

育苗ハウス


イチゴはランナーと呼ばれる親株からでてくるツルからできる子苗を利用して繁殖させます。
この施設は定植(苗床から本圃に移し替える)するまで子苗を育てる施設です。
この育苗ハウスで育てた苗を栽培ハウスの高設ベットに定植します。
浅植え、深植えに注意して行います。

テクモアグループ テクモアグループ テクモアグループ

暖房機


イチゴは寒いと発育がとまってしまう性質をもっているためボイラーを使用して温め発育を促しています。
燃料は自社バイオマス事業グループで作られているCFVOと呼ばれるバイオマス燃料を使用しております。
このバイオマス燃料は廃食油から作られており大気内に存在した以上に二酸化炭素を増加させないため
CO2削減や温暖化防止に役立ち環境にやさしい燃料となっています。
イチゴは乾燥に弱いため土壌の水分量はPEメーターで測り既定の数値に調整します。
ハウス室内の温度と湿度も調整し徹底した育成管理を行います。

テクモアグループ テクモアグループ テクモアグループ