茨城県笠間市でイチゴ、栗、干し芋の生産、販売を行っています、徹底した出荷管理と厳しい品質チェックにより高品質の青果をお客様に提供しています。

テクモアファーム テクモアファーム テクモアファーム


会社案内|Company Profile


テクモアグループ

 テクモアファームは農業者が喜ぶ仕組みづくりとして生産(1次産業)、
加工(2次産業)、販売(3次産業)を組み合わせた6次産業化の推進と
して農産品の加工品の企画、立案や商品開発に取り組んでおります。
また、自社で開発、加工した植物系リサイクル燃料「植物油基調混同燃料」
CFVO(Composite Fuel based on Vegetable Oil)を重油の代替え燃料
としてコスト削減や環境問題に配慮した新たな燃料として販売しております。
農業生産のシステム開発や提案を将来的に展開していき、農業に産業として
の新たな魅力を見出し、生産者が喜ぶことのできる農業ビジネスを実践して
参りたいと考えております。


屋 号テクモアファーム
本 社茨城県笠間市旭町469-1
圃 場茨城県笠間市来栖3114番地
代表者稲田 正行
連絡先TEL:0296-71-4012 FAX:0296-71-0312
スタッフ26名 *社員。パート含む

農場長あいさつ


スタッフ農場長 関 俊之 Toshiyuki Seki
 テクモアファーム笠間いちご園の農園長、関俊之です。当農園では、いちごと栗の栽培をしています。
いちごは、一季成りいちご(とちおとめ・いばらキッス・べにほっぺ)
四季成りいちご(あましずく・カムイレッド)を栽培しております。
お客様のニーズに応えられる様に高品質ないちごを1年通して、いつでも提供できる様に考えています。
 茨城県は生産量日本一を誇る栗の生産地です。その代表的な生産地が農場のある笠間市になります。
ですが、栗農家の高齢化や後継者不足もあり耕作放棄地が増えているのが現状ですテクモアファームでは、
耕作放棄地になった畑を借受し栗の栽培を行っています。
足が速い栗は、当社関連会社の加工場で直ぐに加工し販売しております。
 就農して10年、まだまだ解らない事ばかりで日々勉強の毎日です。
これからも、みなさんを笑顔に出来る、農産物を生産して行きたいと思います。