• この施設では育苗ハウスで育てた苗を移し替え育成管理を行います。葉カキ、摘果を行い、水分量、肥料濃度、室内温度、室内湿度を管理しております。高設栽培なので作業態勢も楽で効率よく作業ができます。
  • この施設では収穫したイチゴのサイズや品質をチェックし選別する作業を行っております。
    一個一個丁寧に形、傷を確認し安心なイチゴをお届けしております。
  • イチゴはランナーと呼ばれる親株からでてくるツルからできる子苗を利用して繁殖させます。この施設は定植(苗床から本圃に移し替える)するまで子苗を育てる施設です。
  • イチゴは寒いと発育がとまってしまう性質をもっているためボイラーを使用して温め発育を促しています。
    燃料はグループ会社である株式会社テクモアで作られているCFVOと呼ばれるバイオマス燃料を使用しております。このバイオマス燃料は廃食油から作られており大気内に存在した以上に二酸化炭素を増加させないためCO2削減や温暖化防止に役立ち環境にやさしい燃料となっています。
    詳細はこちら